君の瞳は10000ボルト

地上に降りた最後の天使

ステージでもすごいぞ!ほんびんくん!




f:id:woai61010:20170801030330j:image

ど〜も〜!みんなほんびんで〜す(?)
この写真ほんと好きなんですよね!むちゃかわいい!!みんなが!!!

 

それはとりあえず置いといて、今回ご紹介&共有&分かち合いたいほんびんくんのハイパーウルトラスーパーデラックスチャーミングポイントは、全力でステージを走り回るところ!!!!!

ここですでにもう何人かの方が「それな!」って言いながらヘドバンしてる(してない)

逆にここで「え?どういうこと?」って置いてかれてる人もいると思うので簡単に説明すると、ほんびんの移動距離パないよ?って話です

知ってる人も知らなかった人ももう1度全力でステージを走るほんびんのかわいさを見ていただきたく、今書かせていただいております  ぜひ最後までお付き合いください

 

 

 

 

みなさんはコンサートのとき何を見ていますか?普段は雲行きの怪しい未来かTwitterのどちらかを見ていると思いますが、コンサートだとどうでしょう?わたしはほんびんを見てます(ドヤァ)

何が言いたいかって、みなさん推ししか見てないんです!!ステージってほんとに意識しないと推し以外のメンバー見てないんですよ!だからほんびんぺんの人はほんびんをずっと見てるからいいんですけど、他メンのファンの方はほんびんパート以外の部分のほんびんの動きとかを注目して見たこととかあまりないと思うんです……

実際わたしも他メンの動きなんて見たことなくて、いつかゲスハで「これはけんちゃんに注目して見るぞ!!」って言ってYouTube見て、「え!けんちゃんこんな動きしてたの…!!!知らなかったんだけど……!!」と騒いでうるさくてアメリカ人に怒られたことあります!

なので今回この記事を読んで、ほんびんに注目して見てみようと思ってくれたら幸いです

 

 

 

今回のチャーミングポイントに話を戻しますが、ほんとにほんびんは移動が多いと思います   端から端…端から真ん中…真ん中から端…ぐるっと回り込んでの端…などポジションチェンジのために長い距離をかつすばやく移動しているのが彼の特徴です   そりゃ汗もあんだけかくわな…

ステップを踏みながらだったりチョコチョコっと走ったり、それを全力で行っているところにほんびんのかわいさが詰まってると思ってます!

普段はゲラゲラ笑ったりメンバーの話にツッコんだり幸せそうに存在してくれてる彼が、ステージになると体中に力いれて全力で走ってるんですよ???かわいいと思わないわけないじゃないですか!!!!!

 

ただ全ての曲においてむちゃくちゃ移動しているわけではなくて、全然移動しない曲もあれば、死ぬほど移動してる曲もあります

なので今回は、わたしがオススメする、ほんびんの移動がどちゃくそかわいい曲とその曲の注目ポイントをご紹介させていただきます!!!!!

 

 

 

 

 

 

『Fantasy』   ★★★☆☆

まず最初は、らびパート「네 존재가 heaven and hell」前に、後の激しいダンスに備えて一呼吸おくほんびんがかわいらしいこちらの曲。

まず注目してほしいのはサビ前。すばやいチョコチョコ移動をサビ直前にしてるあたりがいかにもほんびんらしい移動。ただし体感的にサビ中のほんびんの定位置は真ん中の後ろ()だけど、今回は真ん中から左端への移動なのは珍しい気がする。すばやいが移動距離がさほど長くない。

2つ目は、らびラップパート後のサビ中のステップ。足元に注目してほしい。すばやさはないが、華麗なステップを踏みながら大きく移動している。すばやさはないのに足元はなぜかちょこまかしていて最高。

 

 

『Dynamite』   ★★★★☆

バーテンダーと1杯やるためにぐるっと遠回りしてセンターへ行くところが愛おしい1曲。ここも大回りするので移動距離は大きい。

全体的にステージをワイドに使っていて、スリスリするために走ってるぞ?右にいると思ったら気づいたら左で踊ってるぞ?と思ったら片足でチョチョチョってステップ踏んでるぞ??って忙しい。こちらも。

多くの場合は、右→中央→左みたいに途中で一息ついてお茶する時間があるが(ない)、Dメロ後のサビ前の移動では途中でお茶休憩するとこなく左から右へゆっくりではあるが滑らかに移動している。何事もなかったような顔して。歌詞で言うとれおの「너를 보낼 수가 없어 끝나지 않은 story」のところ。かわいい。

そして次のサビ「원래 주인공은 나인데」から移動がヒートアップ。右端からスタートして踊りながら左端へ大移動。何事もなかったような顔して。ここまで適度にサイドチェンジしてワイドに使ってる選手、サッカーならオリンピック代表に選ばれてもおかしくない。

そして極めつけは「먹어서라도 girl」の直前。移動距離、スピード共に良好。左端から右端へ瞬間的に移動しなければ決して間に合わない時間と距離のため、ほんびんも必死。でかわいい。というかちょびっと間に合ってない。から踊りながら位置を細かく修正している。気がする。この最後の移動がかなりシビアだから星4つ。

 

 

『Depend on me』   ★★★☆☆

 コンサートだと確実に暗め&赤いライトでの演出で顔見にくいっ!ってなっちゃうこの曲。

注目ポイントはサビ前!安定のサビ前!!サビ前の移動と言ったらほんびん、ほんびんと言ったらサビ前の移動!って無限マジカルバナナ始まっちゃうくらい。

 真ん中あたりからシュパパッって右端へ移動するんだけど、与えられた時間の短さよ…ダッシュで移動して決められたポジションで急にストップできるのがすごい。わたしだったら行き過ぎるか滑ってコケるかどっちか。

1番と2番の間のダッシュは他のみんなもやってるし、曲の最後の大きいサイドチェンジもかなりゆっくりな移動なので、特に言及はしない。

とにかくこの曲はサビ前を見てほしい。2階席からのファンカムが分かりやすい。

 

 

 

 

『secret night』   ★★★☆☆

サビ中に踊りながらだったり、れおの「몽롱한 네 눈빛과」の前だったり、「Shocker」の前だったり、サビ前だったり、細かいところで中距離ダッシュを繰り返してる感じ。特に大移動がない。

 

 

 

 

 『Can't say』   ★★☆☆☆

これはほぼオマケ的な紹介。というか驚くような移動はしてない。

それでも紹介した理由は、とにかくマイクの扱いが大変そうだから。びょるびっつ祭で披露したきゃんせいはスタンドマイク2本使ってて、1本は何人かで回してたけど、何故かもう1本は89.5%ほんびんがずっと持って動かしててまじで大変そうだから見てほしい。

 

 

『Desperate』   ★★★☆☆

 「너는 내 모든 걸 흔들어 놨지 전부」のとこのダンスが好き。

ここも注目ポイントはサビ前またかよって感じだけど、まぁね。

AメロBメロ使って右端から左へ移動したのに、着いた!と思った瞬間にまた短時間で右端にとんぼ返り!!ワオ!!!!!!!

 

 

 

 

『CHAOS』   ★★★★☆

 「Dangerous Dangerous Dangerous」のほんびんの足の出し方がむちゃかわいい。

ステージのアレンジによって違うのかもしれないけど、わたしが見たシカゴでのライブのときは移動距離がやべぇ。

まずサビ前。やはりって感じ。「널 처음 본 그 순간 환상의 chemistry 널 위해 준비된 난 네 accessory」っていうほんびんパートを歌うために右へ移動。そして自分のパートをこなし、サビ前に大きな弧を描きながら定位置(真ん中後ろ)へ。しかも間に合ってない。正確に言うと、審判によってセーフかアウトか違うだろうねって感じ。わたし的にはアウトーーーーーー!

これだけでもかなりの移動距離なんだけど、それ以上に移動してるのがらびのラップパート。フリーダンスタイムだから客席の近くに行って何かしらする()んだけど、最初は左端(しかも客席の近くステージギリギリ)から右端(左端の時と同様ギリギリ)へ移動するからスキップしてるよスキップ。かわいい。間に合わせようと頑張ってるとこすてき。

 

 

 
『어둠 속을 밝혀줘』   ★★★★★

 Yeah, Let's goのダダダダダダダの振り付けを全員分見たいのに2回しかないから推し推し、結局推ししか見れずに終わるおどぅむ。

 これが星5なのは、ほんびんがステージ走り回ってるぞ!というのを世に知らしめた曲だからというのもある。知らんけど。

 サビで右端前で踊ってるのに、その後の「Work your body work your body work your body yeah」では左端後ろにいる!!!!この場面の移動距離とスピードが世界最高峰。ここでも間に合わせるためにスキップしてるよ。そしてちょっとフライング気味に後ろ下がってるよ。かわいい。

しかも1番終わったときは左端にいるけど、また2番のけんちゃんパートのときは右にいなきゃいけないからここでもダッシュ。ニヒルな表情しながら。

そしてまた世界最高峰の移動を披露してくれる。ありがとう。

 

 

 

 以上がわたしが紹介したい曲でした!!!毎度の如く支離滅裂な文章ですみません(TT)

ぜひYouTubeで調べて見てほしいし、コンサートとかでもポイントだけでもほんびんを見てくれたら嬉しいなと思います!!